WEB STORE『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』
これは、僕の生きてきた証。
自信をなくして勇気が出なくなったとき『自信って自分を信じること』何回も自分に言い聞かせた。
あれは自分に向けた言葉。旅によって自分の生きる場所を小さいながらに見いだしてきた。
いろんなことがあった。楽しいことだって、受け入れがたいことも。
でも旅は僕を救ってくれた。僕の写真と言葉で大切に、勇気づけられると言ってくれる人がいるなら、
僕はあなたにこころを込めた贈り物をしたいと思います。
WEB STORE『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(https://tabi-photo.stores.jp/#!/)にて、旅で見つけた宝物のメッセージポストカード、販売中。

2015年8月31日月曜日

災い。いままでありがとう。




毎日使っているリュックのファスナー。前にも修理したことがあったけど、また壊れてしまっていた。もうそろそろ限界かな、と思ってはいたんだけど、時々カバンが開いちゃうぐらいで、大事な物を落としたことはなかったし、気に入っていたから、使い続けていた。

でも、起こるべくして起こった。
先週末の出来事。そのリュックを移動させよと手に持って移動先に置こうと瞬間。


壊れて空いたファスナーの合間から、
カメラが落ちた。

フィルターが割れてしまい、当たろどころが悪く、フィルターが取れなくなってしまった。あー。と思った。このこれからドイツに行ってカメラ使うだろうというタイミングで・・。カメラ屋さんで、割れたフィルターを取ってもらえるようにお願いしてみた。そしたら、ベンチでぐいぐいやっていて、かわいそうになって、取れないならもうやめてあげてほしい・・・・『もう大丈夫です。ありがとうございます』自分の引き起こしたこと。本当に申し訳なくなってしまった。メーカーに修理を出して、ドイツに間に合うかどうかはわからないけれど、とりあえず新しいレンズを買うことにした。このレンズも大好きなんだけど、なかなか苦手な場面もあって、広角のレンズが必要だと思っていた。買うのは、なんとなく躊躇していた。でも、これがいいきっかけになった。




そのリュックの話に戻る。昨日の夜、さようならをしました。

もうこれ以上は使い続けることはできないほどに、疲れさせてしまったのかもしれない。
こんなにボロボロになるまで、毎日荷物を運んでくれて、ありがとう。


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)


2015年8月27日木曜日

うまくいく。

 


こないだ、ちょっと失敗してしまって、恥ずかしい話、最初は人のせいにしようとしてしまった。たしかにその人にも少なからず多からず、非はある。でも結局よくよく元を辿って考えたら、自分にこそ大きな非があった。これだけじゃなくて、この日、失敗を指摘されたり嫌だなって思うだろうことがいくつかあって、なんだろうこの日はって思っていた。でも自分の変化に気づいた。

失敗を指摘されて、いやだな、じゃなくて、これを直せば一つできるようになることが増える、うまくいくために必要なことなんだって。いやなことを考えてしまう自分もいるけど、そうやって、前向きな捉え方が自然とできてるって思えたから嬉しかった。

これって多分、今はうまくいかないことばかりだけど、絶対にうまくいくって信じているからなんだと思った。

代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)

2015年8月25日火曜日

生活のこと。お金を管理する。



いろいろ、自分の変化に取り組んでいる中で、ちょっと取り組みずらいな、と思っていたことの一つ、お金の管理。僕はほんとうに細かなことに苦手意識があるので、今まではざっくりとしたどんぶり勘定。家計簿はつけていなくて、全部頭の中。あれっ?ていうこともよくある。でもまあそれで生活できてるし、いいのかもしれない。

でも、日々の無駄遣いも積もり積もればかなり大きくなる。
旅したいし、欲しいものもあるし、勉強したいことだってたくさん。

だから、将来のため、自分のため、お金の管理をする段階にやっとたどり着いたんだと気がついた。僕は家計簿とか細かな作業がほんとうに苦手。でも、これならもっともーっと自分のためにお金貯められるかもって思った本がこれ。

年収200万円からの貯金生活宣言-横山光昭


この本は、何と言ってお金のこと、貯金体質になるためのステップなどわかりやすく、横山流で解説しています。
実は3、4年前に買っていたのだけど、これならできる!って思いつつもずっとやてこなかった。何度も何度も捨てられていく本を横目にこの本はずっとしぶとく残っていました。きっとこの時を待っていたんですね。

一つ、まずやってみようと思った本のエッセンスを少しご紹介します。

消費 浪費 投資 でお金の流れを把握。

ほんとうに簡易なものでも、ノートに自作してもいいがお金の流れを記録する家計簿をつける。正確ではなくてもざっくりでもだいたいの流れがわかればオーケー。
その記録をつけた項目一つ一つに、


消費 浪費 投資

で蛍光ペンで色分けして全体を把握する。

やるべきは、浪費をなくす。もしくは、投資に変える。



僕は一番なくせそうだなと思う浪費は、日々のコンビニなどでの買い食い、というか、おやつ代。職場の休憩時間とか。甘いものが大好きでどうしても菓子パンとかロールケーキとか買ってしまう・・・・とりあえずこの浪費を少なくします。食べたくなったら、代わりに本屋で本を買うことにします。食べてなくなってしまうものよりも自己投資。家でご飯もおやつもしっかり食べればいい。

とりあえず、

この一ヶ月は

お金の記録をつけて、
消費 浪費 投資 に分けて、全体を把握。
甘いものの代わりに読書をします。

その次はこの本で紹介している誰でも実践できる、90日貯金プログラム(ホップ、ステップ、ジャーンプのそれぞれ一ヶ月で簡単に誰でも取り組めるように構成されています)で、貯金を増やしていこうと思います。ご興味ある方は、ぜひ、本をようんで見てください。おすすめです。


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)

2015年8月23日日曜日

願い。




早く良くなったらいいな。
早く良くなったらいいな。

そんなことを思ってずっと過ごしていた。

実はここ一週間ちょっと本当に体調が良くなくて、風邪を引いたと思った。

身体はひどくだるいし、鼻水はちょろちょろ出てくる。頭痛も酷い。でも、色々と予定もあったし、それに仕事でもあったし、なんとかしたかった。

だから、信じていた。
すぐに良くなる。今日も具合が悪くいけれど、楽しく仕事できたらいいな。大丈夫大丈夫って。
それで薬も飲んで、よく食べて、よく寝た。

そのおかげか、やっと、トンネルを抜けた。


昨日、仕事が終わるには、なんだかわからないけどすごくエネルギッシュになっていた。具合が悪かったからこそ感じることのできるこのエネルギッシュさなのかな。身体も心も元気で、本当に幸せでいっぱい。こんな気持ちを感じるためにしばらくの間病気になったのかもしれない。感謝しようって思えるぐらい。

今日は休日。朝からいつも通り起きて、何度も、5度寝ぐらいしたけど、とりあえず掃除から始めた。
部屋もすっきりして、もっと気持ちがすっきりした。



きっとそうなるって信じること。


信じることで、そうなるように無意識に行動しているんだとおもった。
だから、信じた結果がやってくる。

なんでも信じよう。そうなるんだって。

写真は、先週行った、海。千葉、房総。東浪見駅より。



代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)

2015年8月15日土曜日

朝ごはん


いつも、トーストでサンドウィッチを作ることの多い朝食。今日は、ご飯が食べたかった。今日は海に行く。やっぱりご飯は美味しいなと思いながら、今日の海のことを考える。


明日、吉祥寺ハモニカ横丁朝市出店します。
ハモニカ横丁朝市、レトロな雰囲気でいろんな美味しいものがあって、オススメです。
朝早起きして、ぜひ足を運んでみてくださいね。

日時 8月16日 7時ごろから9時半ぐらいまで。
場所 吉祥寺 ハモニカ横丁  (僕はローストチキン屋さんポヨの前で出店してます。一番端っこなのでわかりやすいと思います)


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)

2015年8月14日金曜日

その、ほんの小さな片足の動き。僕の幸せは、もうここにある。









ちょっとのことで、満たされる。



朝日を浴びて、
 ちょっと笑って、
お茶を飲んで、
人と話して、
歩いて、
電車に乗って、
仕事して、
公園のベンチに座って、
お家に帰ってきて、
音楽を聴いて、
ご飯を食べて。

どこにでも、幸せはあった。

いろんなことを見すぎて、考えすぎて、目の前にある幸せに気づくことができなかった。
過去のこと、未来のこと、ありもしない心配や不安。
いろんなことがある。まだまだ上手くいかないこともある。

でも、僕はきっとうまくいやることができる。

ちょっと嫌なことがあってずっと逃げてたんだけど、乗り越えようと本当に小さな一歩を踏み出す決心をした。きっと目の前の幸せに気がついたからなのかもしれないと思う。それで、もっともっと幸せになれるって思って前に進もうとして、結局行動を起こそうとしたものの片足がわずかに動いただけで、ほとんど何もできなかった。それでもね、僕にとっては、大きな変化だった。 いままでできなかったことができた。わずかにしか動かなかった片足。大切な、片足の、そのほんの小さな動き。

僕が目の前のことに目を向ければ、目の前にあった、幸せ。
何で心を満たすのか。たとえ嫌なことがあっても、できないことがあっても、ずっとそれで心を満たし続けるのか。目の前をしっかり見て、そこにある幸せに気づくことができるのか。僕の心のあり方なんだと思った。


わずかに動いた片足。
これからどうなるのかはわからない。けれど、信じる。
目の前を見れば、幸せがそこにあることが、わかったから。

これからも毎日いろんなことがあるのかもしれない。
でも、 信じている。なるようになるのだと。



僕は、前を向いて歩いていく。

代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)

2015年8月12日水曜日

嫌なことがあっても。




整理がつかない。
嫌なことで、頭の中がいっぱいになりそう。



いったん忘れることにした。
電車に30分ぐらい乗って、夜景を見るために隣町のちょっと有名な夜景スポットに来てみた。

自分のこと楽しませようと思って。
45階の高層マンションの屋上。
すんごく高かった。

川が見える。

その奥には、

スカイツリーが見えた。
その左には小さく東京タワー。




嫌なことを消し去ることはできないけれど、嫌な気持ちでいっぱいにさせないことはできる。楽しいこと、自分が気分が良くなることをする。嫌なことがあっても幸せは感じることができる。

嫌なことがあったときは、一人で来れて、ゆっくりできるところをを見つけておくと、嫌なことから少しは離れることができるのかも。


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)





2015年8月11日火曜日

『いい男化計画』


『いい男化計画』笑、密かに先月からやってます。名前が名前だったので、あまり言いたくはなかったんですが、もうかれこれ1ヶ月ちょい続いてます。自分で自分のこと好きって言える、内面からもっと素敵な人になれたらいいなぁと思ってやっています。

そのために、習慣の積み重ねをしています。少しずつ。頑張らないようにいまはこれだけできるようになるっていう風に、一つできるようになったらまた一つというように。日々、小さなことを忘れないように心がけて生活するように、まず最初に取り組んだのは、

使っていない電気を消す
帰ってきたら家の鍵を閉める
いろいろ開けっ放しにしない

ここからかよって、ツッコミが聞こえてきそうです・・・・本当にお恥ずかしいお話ですが、僕は結構トイレやお風呂の電気、換気扇つけっぱなしにしてしまって仕事から帰ってくると、『あぁ!つけっぱなし!』ということがよくありました。まあしょうがない、ぐらいにしか思ってなかったのですが、ここから『忘れない』トレーニングのためにも取り組むようになりました。


朝5時起きを する。

引っ越しでちょっと出勤時間が早くなるなと思ったので(まあ大して変わらないんですが)、これから思い切って、5時おきにしました!(いままでは6時半でした)10時に寝ても7時間は寝ることができるので、特に問題なかったです。どんなに遅く寝ても5時起きは変えないようにしています。いままでだらだら遅くまで起きてたのがメリハリがついて早く寝るようになりました!良かったです!


掃除をする。

身の回りの環境をいい状態に保てば心もクリアです!ちょっとずつですが毎日掃除するようになって、本当に心が前向きになった気がします。ひどく落ち込むこともなくなりました。

ちゃんと料理してご飯を食べる。

料理も、自分で満足出来るご飯を自分で作れるようになること。
めんどくさいと、牛丼屋とかコンビニ、もしくは食べないで過ごしてしまうことも多々あったのですが、節約もそうだし、自分の体を想って、おいしいものをお家で食べることができたら、毎日とっても気分がいいですね。気持ちの充足感はすごいです。それに、料理は、いろいろと考えるし、複数の作業をいかに効率的にこなすかっていうのも考えるトレーニングにもなっていいなと思います。

してほしいばっかりじゃなくて、自分から率先する

してほしい、とかそういう不満ばかり募らせるんじゃなくて、相手にしてほいしいように自分から相手のためになることやります


身だしなみを整える。

目に見えてわかるところなので、だらしなくせず、自分でいいなって思えるようにちゃんとドライヤーも書けるようにして、髪もジェルをつけて整えて、(いままでナチュラル派?ありのまま派?だったので)カミソリもいいも新しく変えました。気持ちいいし、自信が持てます。





習慣の積み重ね。

いまやってるのは、心を整えることです。毎朝、日記?を書いています。
積み重ねて、毎日、もっともっと、楽しいことが増えたらいいなぁ。
まだまだ、『いい男化計画』進行中です・・・・




代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)


2015年8月9日日曜日

お母さんからの手紙〜ささやかだけど、大切な僕の日常の記録。




そういえば、引っ越してから実家に連絡していなかったことに気づいた。
携帯電話もなくしていたので、いままでの連絡先にかけても繋がらないはず。ひどく心配性の母親が、この引越したタイミングで電話をかけてこないわけはない。繋がらなくて、すごく心配しているのだというのは簡単に想像できる。


そんなことを考えていたら、チャイムが鳴った。ほかの書留やら何やらとともに、お母さんから手紙が届いたのだ。少し厚みがあった。わかんないけど、あつい思いとか、そんなようなことがつらつらと書かれていたらどうしよと思っていたのだけど、そうではなかった。いつも通り、暑くてご飯食べてるのか、電話繋がらないけどどうしたんだとかそんなことだった。他に、実家に僕宛に届いた郵便物が同封されていた。とりあえず、心配かけて申し訳なかったので、母親の携帯にすぐに電話した。

もう30も過ぎているのに、母親にありがとうというのが恥ずかしい。でも、ありがとうの気持ちは伝えることは決めて、電話番号を押した。そうしたら、先に言われた。『電話してくれてありがとう』

約束はしなかった。でも、実家に帰ろう。お盆だし。こないだ実家でトイレ掃除してたら、お母さんが、リウマチで、最近、家の家事があまりできなくなってるから助かるって言ってた。たまには僕が、おうちを掃除して、普段できないだろうこともやって、そんで恥ずかしいけど、ご飯でも作って、お父さんお母さんが、すこしでも楽しい気持ちになってくれたらいいな。僕もすごくお世話になったおうちだしね。


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)






2015年8月8日土曜日

素直になるには。






変わってゆくためには。


素直さって大事。
素直さの元にあるのって、謙虚さだったりする。

好きな人たちを見ていて思った。


なにもできない無力な自分を認める。そういう謙虚さ。
なにもできない、だからこそ、なにができるの?と考える。
だからこそ、素直になんでも受けて入れてみようと思う。


自分だけが正しいなんて思わない。
先を見て、もっと素直になって、いろんなこと受け入れていこうと思った。


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)





2015年8月7日金曜日

自分が変わることで、世界は変えてゆける。



断捨離。モノを捨てるだけでは、ない、ということ。
それを通して、自分自身を変えていくということ。


僕は引っ越しで少なくない荷物を捨てた。
 それでも引越しの日、捨てようと思ったものは結局、捨てることができなかった。
焼却施設までいく時間がなくなってしまったのもあったのだけど、そんなのは言い訳で、心の底では捨てる気なんてなかったんだ。


前の部屋で一緒に住んでいた、彼女のこと。6年近くの付き合いだった。一緒に使ってきた家電やセンスのいい生活用品がある。いろんな想い、自分の中で消化できていないものを、捨てることで消化し、受け入れようと思った。

でも違った。捨てたくなかった。僕が生きてきた道。そこで交わった彼女との大切な時間。それを一緒に過ごしたものたち。そのものがあることが、僕を混乱させていると思っていた。でもそれは、自分の中でそれをどう受け止めるかだった。一時期はなんでなんでと僕は彼女ばかりを責めたこともあった。でも、好きだった。それでも一緒にいたかった。その気持ちを忘れて、いま別々の道を言っていることが寂しいし、なんで僕を捨てたんだって気持ちが強すぎて見えなかった。だからそんなものたちを見ると辛かった。だから、僕の心かき乱すものたちを捨てようと思った。でも、捨てようとして捨てられなくて、いろいろ考えすぎて頭が痛くなって、吐き気がして、涙も出てくる。でもそんなことをしながらやっと、思い出した。

一緒にいた時間、本当に幸せだったっていうこと。

一つ一つのものが生活を豊かにしてくれるものだと思うし、触れるたび、いまは幸せな気持ちを思い出すことができる。受け入れたんだと思う。長かった。彼女が僕の元を去って1年3ヶ月。とっくに吹っ切ったと思ってた感情が湧き出てきた。引越し。これは別にそんな想いを吹っ切るためとかそういうのではなくて、家賃下げるためだけだったけど、前を向くためにやっぱり必要なことだったんだ。やっと、正面向かって自分の気持ちに向き合える時がきた。いまスタート地点に立ったんだ。過去に心か乱させることもせず、自分を信頼して、ただただ前を向く。

モノを捨てたり、環境を変えたりするのも、一つの正解だと思う。
でも、自分自身が変われば、モノや環境の受け入れ方も変わってゆく。


代官山 comecafe&osamubar にて
『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』展示・販売中

定休 火曜
営業時間 11時〜翌1時

〒150-0032  東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブII2F-A
tel  050-5786-0821
     03-3464-3440


旅する写真家 HIROSHI KIKUCHI


web Store 『旅写真と僕を支えてくれた言葉たち』(ポストカード販売)
ポストカードのこと、また写真でお役に立つことがあれば、ぜひお問い合わせください!

FACEBOOK  HIROSHI KIKUCHI(基本承認いたします。)